イスタンブールの鷹を見逃していた

イメージ 1
 
 夏場は鷹の話題も少なく、せめてもと、鷹のTシャツを店で見つけて購入し、着て過ごした。
 
 季節が変ると、空気が一変する。来日したトニー・ベネットのライブを昨日昼、聞きにいって感動し、その足で、神保町に出て、古本店をのぞいてみたら、鷹狩のことで、大変なことを見逃していたことがわかった。
 
  トルコの鷹狩のことだ。中央アジアのトルコ系は、モンゴル式=右腕に鷹を止める=なので、モンゴル=トルコとかんがえてしまっていた。突厥時代の石人も、右腕に止めていた。
 
 しかし、12世紀末のセルジュク・トルコの遺跡から出土したタイルに描かれていたのは、日本、アラビア式=左手に鷹を止める=の騎馬の鷹匠だったのだ。(鷹は白ハヤブサのようだ)
 
イメージ 2「トルコの陶芸 チニリキョスクより」(イスタンブル考古学博物館)
 
 いかに特殊か、という証拠に、この時代の周辺の、騎馬鷹匠の絵を見てみると、シリアは、右手式。
 
イメージ 3 
(13世紀中期 シリア エナメル金彩装飾ランプ)
 
イランのケースは、
 
イメージ 4 
(12-13世紀イラン 色絵騎馬人物文把手付壷)
 
やはり、鷹を右手に止めている。いまでも、ペルシャの鷹狩は、モンゴル式だが、12、13世紀のイランでも同様だったことがわかる。
 
  トルコの鷹狩のタイルは、コンヤの、クルチアスラン2世の館出土のものという。アナトリア半島では、左手に止めるアラビア式を採用していたのだった。
 
  しらべてみると、この後、15世紀にイスタンブールを中心に栄えたオスマン帝国もまた、アラビア式の資料がたくさんあることがわかった。ただし、左手式に混じって、右手式も混在していた。トルコの特殊性をもっとしらべる必要がある。
 
 2020年の五輪開催をめぐってライバルだったイスタンブールは、鷹狩文化でも日本と大変近しい距離にあることがわかった。