凧が、蛸だったり烏賊だったりするのはヘン

イメージ 1
 
 連休で、長男が帰ってきたので、一緒に、猫をどうぶつ病院まで、検査につれてゆく。待合室では、ミャアミャアと大声でなきまくって、少女に、「ウチの猫とちがって、どうしてこんなに元気になくの」、となでまわされ、診察室では、前回についで、ウンチをし、「たくさん出ましたねえ」と獣医さんの手をわずらわせてしまったが、やはり、わが老猫は、寄る年波で腎臓の数値が、さらに悪くなっていることが判明。血流をよくする薬の服用と、食餌療法の開始をすすめられ、同意した。
  
 療法食の無料サンプルをたくさん、もたされる。「正直、味が淡白で、おいしくないようです。でも、好き嫌いがあるので、猫ちゃんが、どれが、気に入ってたべるか、様子をみてください」という。
 
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
 暑くて、思考停止状態がつづく。
 
 半七捕物帳の、岡本綺堂の「綺堂むかし語り」をパラパラめくっていたら、鳶の話が出ていた。
 昭和10年日本橋蛎殻町の商家の物干し場に、大きな鳶が舞い降りたので店員が大勢で捕獲して警察署にとどけたのだという。ある新聞には、写真まで掲載されたのだそうだ。そのまま、うっちゃっておけば、とびさるだろうに、なんでまた。
 
  鳶なんて、雀、カラスのたぐいの、都会でも平凡な鳥だった、と綺堂サン。明治30年代、麹町の英国大使館の旗ざおに大鳶がとまったのを、英国人たちが珍しがり、喜んだのを、綺堂少年は不思議に思った。大都会ロンドンでは鳶が珍しいのか、と。東京も、それから30,40年たって、ロンドンと同じようになったのか、と感慨を抱いたようだ。
 
 綺堂は、面白い発見をしている。「子供の飛ばす凧は鳶から思い付いたもので、日本でもトンビ凧といい、漢字では紙鳶と書く。英語でも凧をカイトという。すなわち鳶と同じことである」
 
英語では 凧=kite=鳶 
日本でも 凧=紙鳶(紙の鳶)
 凧は鳶のようなもの、というわけだ。
 モンゴル語では、凧揚げは、ヘレムチ。リスを狩るもの=猛禽、の意味がある。同類だ。
 中国では、「風鷹」(徳広弥十郎編「日蒙漢辞典」)、あるいは、凧が空中で音を出すため「風筝」とされる。
 
 日本では、「いかのぼり」のイカに、タコと、海生の軟体動物が、凧の名になっていて、特異である。これは、江戸時代に面白がってつけられた名で、そもそも、タコはタカでなかったか、と、仮説をたててみる。