近所で鳩が襲われた。犯人はあの黒いヤツか

 

 今朝、鳩が襲われた。場面を目撃したわけではないが、羽根が散乱していた。散乱ぶりが、惨事を物語っていた。
 
イメージ 1
 
 襲撃犯は、猫か、鴉か、猛禽類か、とすぐうたがった。こんな元気な猫は、最近、近所にみかけない。
 チョーゲンボウなどの猛禽類もみたことない。ならば、黒いキミ、鴉容疑者しかいない。
 
イメージ 2
 
 鳩の血痕があったが、羽根だけしかのこっていなかった。鴉1羽では、食べきれない。複数の鴉がおそったのだろう、と推測する。
 調べてみると、you tube にも、鴉が鳩をおそう映像がたくさん投稿されていた。
 昨年12月の映像では、上野公園で、多数の鴉のうち、身体の大きな鴉が足で鳩の腹部をおさえつけて、クチバシで羽根をぬき、肉をついばんでいた。鴉は凶暴化しているのか。そもそも、こんなものなのか。
 
 今年の5月5日、ミスターと松井秀喜の引退式をみに東京ドームにいった。二人が車で外野を一周する姿を目にやきつけた。わすれられない日となった。しかし、今回のことで、あの感動の日、西武ドームでは、ハトの惨劇があったことをしった。
 西武・日本ハム戦の4回、鴉2羽がドームの空中で鳩をおそった。鳩は落下。羽根がフィールドにちらばった。係員があわてて、ビニール袋で鳩を片づけにいった。5分間、試合が中断したと、スポーツニッポンは伝えている。続く5回にも、別の鳩がおそわれて垂直に落下。観客席から悲鳴のようなどよめきがおこったという。
 
 
 
  最近、近所でみかけた鴉。
 
イメージ 3 あやしいな