英国テニスの椿事から、大正期の名もない編集者のことなど

 WOWOWのウインブルトン・テニスの中継を深夜遅くまでみて、寝不足の毎日だ。
 
 英会話のスチュワート先生は、ロンドンそだち。ハイスクール時代に、マッケンローとゲルレイティスにサインをもらったことがあるという。
 
 ウインブルドンの前哨戦として、芝の、ロンドンのクイーンズ・クラブでひらかれるクイーンズ・クラブ選手権(エイゴン選手権)に、友達の父子と観戦したときのこと。客席はシャンペンをのみながら、ゆったり観戦する雰囲気だったという。
 
 マッケンローが登場したコートで、友達の父が、シャンパンの栓をぬいたところー。ポンという元気のいい音とともに、栓は放物線をえがいて、マッケンローのコートまでとんでいったそうだ。
 
 おそろしい。よりによって、マッケンロー。スチュワート先生は、「僕も、友達も、もちろん当人おおあわて」。マッケンローは、表情をかえなかったよし。
 
 
 ++++++++++++++++++++++++++++++++
 
イメージ 1 歴史地理」の、森田恒友のイラストに新事実。
 
 明治45年6月発行の「歴史地理」の、喜田論文「檜隈大内陵」にもエジプト風版画があった。
 サインはないが、作風から森田恒友作。「日本考古学選集8 喜田貞吉」で、みつけたので、同号の表紙についてはわからない。
 
 大きな図書館で、「歴史地理」を総チェックしないとホントのことはみえてこないだろう。ただ、森田は、創作版画の同人誌「方寸」が明治44年に終了した後、すぐ「歴史地理」で版画を発表していたことになる。森田を学術誌の装丁にひっぱってきたのは、優秀な編集者だったのではないか。
 
 当時の発行人で印刷者の「古藤田喜助」あたり。国定教科書の編集担当だった、喜田は、南北朝正閏事件で、マスコミ、世間の指弾をあび、文部省を退任し、「歴史地理」で論文をかきまくり、それでも、かきたらず、自分で新雑誌「民族と歴史」をたちあげている。論文など、計300編にもたっする。
 
 彼に、つきあって、発行・印刷をしたのが、古藤田喜助だった。レイアウトや、実質的な編集も古藤田がおこなったとみられる。雑誌の奥行をたよりにしらべると、小石川区表町に住居、仕事場があったようだ。「伝通院」界隈だ。
 
 喜田の文章に彼の名がでてくる文章がある。大正8年、「民族と歴史」特別号の発行が遅れた言訳で。準備が遅れた自分も悪かったが、また、「発行主任古藤田喜助君の愛嬢が六月二十日逝去せられたが為に、同君が本誌に専なるを得なかった」と。
 
 いかに、喜田が古藤田に頼りきっていたかがわかる。それにしても、喜田は、なんで仲間の不幸を、こういう形でしるしたのか、素直に、お悔やみをかけばいいのに。
 
 雑誌に、大正時代の自由な香り、をもたらしたのは、喜田ばかりでなく、名もない、彼、あるいは彼らだったのではないか。