カワウソ犬は日本版レトリーバーか

 信濃に、モズで鷹狩をする超絶技巧の名人が13世紀にいたが、さらに、魚を捕る「ミサゴ腹の鷹」も鷹狩でもちいていたらしい。
  二本松泰子さんの「中世鷹書の文化伝承」(三弥井書店)で、しった。西園寺家鷹口伝」というのがあって、こい丸(鯉丸)という名の鷹は、鷹と魚をとるミサゴの間にうまれたもので、この鷹に鷹狩を訓練する際、まず魚をとらせたという。
 さらに、この鷹には、カワウソとの間にうまれた犬をつける。この鷹犬は水の中にはいるのが得意で、大津の浦から、とりよせる、といったものだ。
 
  実際は、こんなハイブリット鷹や、ハイブリット犬は存在しまいが、魚をとるワシタカ類で鷹狩したり、泳ぎのうまい猟犬がいた可能性をうかがわせる。
  特に、この猟犬が、大津の浦でそだっている、というのが興味深い。現在、泳ぎの得意な犬種は、wanwans というサイトで、以下のようになっている。
 
 
     カナダのニューファンドランド島で漁師の手伝いをしていた
 2位 ポーチュギーズ・ウォータードッグ
     魚を網へ追いこんだり、海になくした漁具を回収した
 3位 チュサピーク・ベイ・レトリーバー
 4位 ラブラトール・レトリーバー
     寒い海で網、魚を運んだ
     鳥の猟で水上の獲物を回収した
 
 水泳がうまいのは、海外では、漁師の手伝いをした犬か、水上での鳥猟で活躍した犬であることがわかる。カワウソ犬も、大津の浦で、漁業の手伝いをしたか、鴨猟の手伝いをしたのかもしれない。
 琵琶湖の鴨猟は、銃でなく、長い藤蔓をあんで、とりもちをぬり、鴨をひっかける独特の「もちなわ漁」がおこなわれたという。
 泳ぐ犬は、あるいは、鴨を仕掛けにおいこんだり、回収の手伝いをしていたのか、と想像したくなる。
 史料や、ほかに伝承はのこっていないが、大津そだちの、カワウソ犬が、根も葉もないウソともおもえない。