300年前のイラストレーターに興味津々

イメージ 1
 和漢三才図会のイラストレーターの悪口をかいたが、このイラストレーターはにくめないところがある。
  鷹匠の次の項目は「遊偵」。遊偵という言葉を、しらなかった。
 「志のひのもの」とあるか。忍びの者のことだった。
 念のため、「広辞苑」を「ゆうてい」でさがしたが、記載されていない。
 
 さて、イラストだ。犬を背おって男が何をしておるのか、と首をひねった。どうやら、遊偵が犬のぬいぐるみをきて、犬になりすましているらしい。敵にバレバレじゃないかなあ、と心配になる。
  江戸中期のこの絵描きは相当、面白いキャラなのではないかと想像する。
 「遊探」の解説には、「軍中ノ反間也」とある。「反間=はんかん」も、なじみのない言葉。
 「①敵国に入りこみ敵情をさぐって味方に知らせること」と、こちらは広辞苑に記載されていた。
  編集した寺島良安が、素材を提供するなり、イラストの面倒をみたのだろうか。
  現代の辞書つくりの話「舟を編む」は、映画もよかったけれど、105巻の和漢三才図会をてがけた、寺島やイラストレーターのこともしりたくなる。